堀尾公栄

責任者は建設に関して説明も理解を得ることさえろくにしてない。ましてやコロナ禍で、その莫大な建設費を他に充てないといけない状況にあるはず。混乱が落ち着いてからでも建設はなるが失われたものは戻らない。市民の金だ、市民が一人でも反対するのならば本来進めてはいけない。私たちの血税だ。そしてその莫大な借金を返すのも市民だ。計画事態が身分不相応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です