アッコ

膨大な建築費がかかる上にコロナの影響で大変な事業者等々がいるにもかかわらず、松浦市長をはじめ新庁舎建設の関係者に憤りを感じる。増えた建設費30億でどれだけの市民や県民の生活を支援できるか、また県外でもこういった建設の見直しがされているのに年内の着工を目指す必要性はないと思う。市長や関係者は「説明してきた」と言うが、それは市民県民全員に知られて初めて言えることであり、知らない人が少しでもいればそれは果たされたことにならない。ただただ功績の名前を残したいが為にと思われるが、残るどころかこの状況下でされた新庁舎建設は永遠にコロナ苦境の中での産物としか言われないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です