先日、新聞の折り込み「新庁舎整備事業について」のチラシを読みました。 裏面 ③ 移転に大きなメリットはない という費用の試算について一言。 現在の計画と、県立プール、ホテル宍道湖跡地の比較があり、 一番の違いは(9)西棟分の整備・解体ではないでしょうか。 しかし、西棟は必ず解体しなくても、一般の市民がほとんど利用しない部署などを集めて、建物を利用することができないのであろうか? また、(8)既存現庁舎解体についても、順次解体する現行計画と まとめて解体できる跡地での建て替えで同じ金額で良いのでしょうか? 建設業の専門家ではないので、この意見が正確かどうかわかりませんが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です