末次村

元市職員です。退職後改めて市の職員と接して市民の職員を見る目と職員から見た市民の目のギャップを感じました。在職中は田舎の都市とはいえ一応県庁所在地ということで変なプライドをもっていたような気がします。その思いが市民はじめ島根県の職員に対してもあり、言動に奢りがある職員もいました。もちろん、市職員として誇りを持つことは大事ですが、常に謙虚に市民に接するという事ができていたのかと思います。 現在問題になっている市役所建替え問題ですが、松江市には長期的な視点で物事を考えるという意識が欠けているような気がします。 現在地での建替えのネックになっている本館西棟の存在ですが、平成17年に建設し有効利用する(本当は壊したいが新しくて壊せない)ということですが、これを建設する時、このような問題が発生することが予期できなかったのか、検討しなかったのでしょうか。この本館西棟がなければ現在地での建替えでもより良い計画となったのではないでしょうか。西棟を残して無理して建てるのでおかしな建物になり、テラスをつけてごまかす。場当たり主義的でいかにも現在の松江市政を象徴しているようで悲しいです。職員はがんばれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です