メンバーの#Mattaへの思い ~ちゃちゃさん

新庁舎建設に待ったをかけよう!と、署名活動に参加しています。

先日、テルサ内の常設署名スポットが開くのを待っていたかのように、女性が3名(奥さまとお嬢さま姉妹でしょうか)来られました。

私は署名に来て下さる方に、「この活動をどうやってお知りになりましたか?」と尋ねることにしています。

「新聞・テレビで知って署名に来ました」とのお返事。

物静かな感じの方でしたが、この暑い中、誰から頼まれたというわけでもなく新庁舎建設を自分の事として捉え、わざわざ足を運んで署名して下さった事をとても嬉しく感じましたし、この活動をお手伝いして良かったと思いました。

署名の一筆一筆に込められた声を「決まった事だから」と、無視できるものでしょうか?

また、こんな男性の方がいらっしゃいました。「普通家を建てる時、当初の約 1.3 倍に値上がりしたら、あっそうですか。では済まない!どこか削減できないか考えるでしょ?」と。

全くその通りです。

市議会の方々自身、直接痛みを伴わないから、話が立ち止まることなく進んでいくのでしょうね。

おかしくありませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です