市長へ「要請及び公開質問状」を手渡ししました

10月16日、松江市民のための市庁舎建設を求める会(Mattaの会)は、松江市役所にて下記の「要請及び公開質問状」を松江市長に直接手渡しをしました。

質問状については10月28日までにご回答をいただくようお願いしております。

2020年10月15日

松江市長 松浦正敬殿

松江市民のための新庁舎建設を求める会

松浦市長による「権利の乱用」などの発言取り消しと
市民アンケートの実施を求める要請および公開質問状

 私たち松江市民のための新庁舎建設を求める会は、新庁舎建設をめぐる住民投票実施のための条例制定を求めて直接請求を行いました。市議会において残念ながら否決されましたが、この間のやり取りにおける市長の言動で看過できない重大な問題が生じていると考えます。また、市民の合意と納得を得る努力を今後も行うという議会での市長の発言に関しても確認したいことがありますので回答願います。

1.「権利の乱用」発言の撤回と謝罪を求めます

 議会での条例否決後に市長が、マスコミにたいし「直接請求の権利はあるがその権利を行使するタイミングが当然あると思う。権利のある意味乱用といってもいいんじゃないか。」と発言されたと報じられています。

 そもそも「権利濫用」とは、権利行使が正当な範囲を逸脱しており、正当な権利行使ではない、という意味です。この市長発言が事実ならば、私たちの取り組みや署名をした市民にたいして「正当な権利行使ではない」と発言していることになります。この発言は、私たちや署名した市民にたいしてのみならず、松江市民全体、さらには将来世代をも含めた松江市の主権者にたいする圧力とも受け止められかねません。地方自治と民主主義にかかる権利行使を、首長がけん制しているという点で、重大で深刻なものです。

市長はこの発言に関する説明責任を果たすとともに、撤回および謝罪するよう、強く求めます。

2.新庁舎建設についての市民アンケートの実施を求めます

 市長は議会での質疑の中でも、今後とも市民の理解と納得が得られる努力の必要性に言及しています。議会の討議において「住民投票ではなくとも、市民アンケートなどで市民の意向を確認できる」という発言もありました。市民の理解と納得、情報の浸透度などについて検証し、「市民の理解と納得を得られる努力」の前に、現状把握をすべきと考えます。市民アンケートの実施を強く求めます。

以上のことに関連した公開質問状を別紙のとおり提出します。ご多忙の折恐れ入りますが、2020年10月28日(水)までにご返答いただきますよう、お願い申し上げます。

公開質問状

1.「権利の乱用」という市長発言について

1)「直接請求の権利はあるがその権利を行使するタイミングが当然あると思う。権利のある意味乱用といってもいいんじゃないか。」という市長発言は事実でしょうか。

2)「権利を行使するタイミング」について伺います。市長が考える、この度の住民投票条例の直接請求のタイミングは、いつまでが行使可能であったとお考えでしょうか。具体的かつ簡潔にお答えください。 例)市議会での事業費(設計費)予算化の前の○年○月まで。

3)2)の回答に関する根拠をお示しください。法的根拠、社会通念上の根拠、個人的信念などを区別してお示しください。

4)「権利濫用」という言葉の意味には、正当な権利行使ではないため、当該権利行使は許されない、という含意があります。

①今回の直接請求は「正当な権利行使」といえるでしょうか。言えるか言えないか、端的にお答えください。

②乱用であり「正当な権利行使」ではないとすれば、行使が許されないとも解されます。今回の直接請求について、「本来は行使が許されないものだった」とお考えでしょうか。端的にお答えください。

③上記①②の回答の根拠について、法的および社会通念上の根拠、個人的信念などを区別してお示しください。

4)私たちが問題視している市長発言について、発言意図が伝わらなかった、発言の切り取りだ、など伝えたいことがあれば補足説明ください。

5)「ある意味権利の乱用といってもいいんじゃないか」という発言を撤回する意思はありますか。有無について明確にお答えいただき、またその理由をお答えください。

2.議会での意見陳述への市長の発言について

 私たちは市議会の意見陳述において、これまでの市広報に記載された新庁舎にかかる記事をすべて示し、市側に広報の意図があっても、市民に十分伝わっていない可能性を示しました。

1)意見陳述に関する市長のコメントとして「(参考人が示した資料の)示し方はちょっと意図的。うちは広報しようとやっている。それを捻じ曲げて言われては困る」と発言したと報じられています。この発言は事実でしょうか。

2)「示し方はちょっと意図的」という指摘は、具体的に誰がどの資料を、どう示したことを指しているのか、どのように「意図的」であったのか、お答えください。

3)「それを捻じ曲げ」て、と指摘されていますが、意見陳述の中で、誰がどのように発言したことをもって「捻じ曲げ」と判断されたのか、具体的に示したうえで、その根拠もお答えください。

4)「捻じ曲げ」発言を撤回する意思はありますか、その有無及び理由を端的にお答えください。

3.市民アンケートの実施について

1)新庁舎建設について「市民の納得と合意をより得られるような努力」は今後も必要だとお考えでしょうか。その根拠も含めてお答えください。

2)新庁舎建設についての市民の納得と合意は、どの程度得られているとお考えでしょうか。またそう考える根拠をお示しください。

3)住民投票を実施しない理由として議会の論議の中では「住民投票ではなくとも、市民アンケートなどで市民の意向を確認できる」との発言もありました。松江市民が新庁舎建設についてどの程度納得と合意をしているのか、市民の意向を確認し、行政として検証・把握するため、市として市民アンケートを実施することにたいしてどう考えますか。

①実施すべき ②実施してもよい ③実施すべきでない

その根拠をお答えください。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です