【署名者情報が流出したとされる、誹謗、中傷、デマ等について】

現在、署名活動について、「署名者の情報がネットに公開され、署名したことで仕事をもらえなくなった」等、不利益を被ったという噂がまことしやかに出回っております。

そもそも、署名簿は現在、選挙管理委員会により縦覧に供されており、署名簿を見るには本人確認の書類(免許証等)を持参し、選挙人名簿に記載されているかどうか確認の上、選挙管理委員会の担当者の立会いの下、閲覧のみが許可されているものであり、そのコピーやスマホでの撮影は許されておらず、署名簿の内容がネット上に流出することはまずあり得ません。
万が一、署名者の情報がネット等に公開された場合には、市の管理責任、情報提供者についての法的責任を問わなければなりません。

現在のところ、署名者の情報がネット等への流出された事実は確認されておりません。
また、情報流出によって「仕事を失った」など、不利益を被った被害者本人からの当会への申し出は一切ありません。

したがって、署名者の情報流出、及び不利益を被ったとの話は、あくまで今回の署名活動に対する誹謗、中傷、デマの類であり、今後その様な確たる根拠や事実に基づかない無責任な発言や書き込みが確認された場合には、発言者や書き込み者に対する断固たる法的責任を追及したいと考えております。

また、署名をしたことで「仕事をもらえなくなった」等の不利益を被るような状況があった場合には、直ちに当会までご連絡をお願いいたします。
もしそのような事実があればそれは、15,000人の善意ある市民と、民主主義に向けられた暴力に他ならず、法的責任を全力を挙げて追及して参ります。

第七十四条の四
条例の制定又は改廃の請求者の署名に関し、次の各号に掲げる行為をした者は、四年以下の懲役若しくは禁錮こ又は百万円以下の罰金に処する。

三 署名権者若しくは署名運動者又はその関係のある社寺、学校、会社、組合、市町村等に対する用水、小作、債権、寄附その他特殊の利害関係を利用して署名権者又は署名運動者を威迫したとき。

ご署名をいただいた皆さまにおかれましては、この様な無責任な誹謗中傷に惑わされることなく、ご自身の意思を強くもっていただくようお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です