市の広報紙へのコメント④

Q4.「庁舎建設より新型コロナ対策を優先すべきでは?」
A.「どちらかではなく、どちらの課題も解決が必要です」

  • 私たちも同じ立場ですよ。
    「新庁舎建設をやめてコロナ対策を!」とは主張していません。
  • ちょっと意味が分からないです・・・。議論百出ということ?
    だとしたら、その議論を整理して合意をしながら前に進めていくことが市政にとって必要だと私たちは考えます。
  • 国の交付金だけでは対応できないところへ、市独自のコロナ対策をもっと手厚く「しっかり対応」してほしいと考えます。
  • 「新しい生活様式」などコロナ対策で、これまでにない転換が必要です。この転換を踏まえるための「先送り」は必要ではないでしょうか。
  • 大規模な建設事業は地域外の大手ゼネコンにお金が流れる傾向があります。それよりも、コロナ危機で苦境に陥っている医療・福祉・介護・保険、中小企業・農林・漁業といった生業への直接的な支援がより大きな雇用・経済効果を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です