市の広報紙へのコメント②

Q2.「現地建て替えより移転新築の方が効果的では?」
A.「庁舎の位置は、街づくりの歴史そのものです」

  • まるで旧松江市の地域だけを考えて街づくりを進めていくと言っているみたい?鹿島・島根・美保関・八雲・玉湯・宍道・八束・東出雲を含めた今の松江市を前提に、すべての地域の住民にとってここがベストだと示してほしいです。
  • 市からの情報発信が不十分だったから市民から特に意見が出てこなかった、とも言えるのでは?
    やはり市民においてどれだけこの問題が知られていたか検証しないと、これは言えないのでは?
  • 市民は場所について議論してはいけない、ということ?意見が対立することをおそれて議論しないというのは、民主主義的ではないのでは?
  • 「現地建て替え」としてすでに多くの費用をかけてきたからもう変更できない、と言われても・・・。「現地建て替え」は、市民の声が十分に聴かれないまま決められたのに・・。
    「他の場所への移転」を今から検討すれば、どれくらいの時間と費用がかかるのでしょうか?それを示して説明していただきたいです。

市の広報紙へのコメント②” への2件のフィードバック

  1. ①②を通してご指摘の通りだと思います。

    「既に多くの費用をかけてきたからもう変更できない。」とはどういう根拠で書かれているのやら?
    今、計画を再考し、費用を少なく抑えられれば、これまでかけてきた「多くの費用」を考えても、総体的な費用では市民の負担が軽くなるかもしれないじゃないですか??それをせずして、何の主張なのでしょうか?

    実際の広報を読みましたが、どれもこれも理論的ではなく、全く説得力に欠けたものでした。強いて言えば「市及び市議会が決めたことだから市民からどんな声が上がろうが、推し進めます!」というポリシーは感じましたが、それ以外のポリシー、哲学は感じ取れませんでした(笑)

    この際、無作為抽出でいいので市民の何割かにアンケート調査でもしてみれば良いと思いました。(住民投票の方が市民の意見を反映させるという観点では最良の選択肢でしょうが、市側がそれをやりたくないというのなら、せめてアンケート調査ぐらいはしても良いと思いますし、市当局は、そのぐらいの覚悟・姿勢をもって計画を推進してほしいと思います。)

    • コメントありがとうございます。
      市のアンケート調査、よいですね!
      しかし、松江市は一方的な公表、一方的な説明会をするのみで、市民の意見をくみ上げることには消極的です。
      とにかく進めてしまおうという意図があるように思ってしまいますね。
      なので、私たちは一時中断して市民と対話することを求めております。

      明日、松江を考える会さんの主催のシンポジウムがございます。
      この資料の件も議題になります。
      ぜひご友人にもお声掛けいただいてご参加いただけると喜びます。
      http://new-matsue.life/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です