新庁舎建設の経過

平成26年 9月松江市庁舎総合評価業務を実施
(耐震診断をはじめとする各種調査結果を基に、市庁舎建物の状況を把握。存庁舎の改修計画案と現地建て替え案を比較する業務)
12月松江市庁舎総合評価業務完了
(既存庁舎の改修は建替えに比べて割高になることが判明)
平成27年 1月松江市庁舎総合評価業務報告書について市長記者発表
「今後、報告書を踏まえ、庁内のプロジェクト会議で『庁舎整備方針素案』を作成し、その結果や議員の皆さんの意見を聞きながら、今年度中に整備方針を判断したい。」
3月市長議会答弁(2月議会)
「松江市総合評価の結果を踏まえ、『現地建替え』を考えたい。」
平成28年 2月「松江市庁舎整備基本方針」を策定
建設場所は現本庁舎の位置での建替えを検討する。
平成29年 6月財政部に新庁舎整備室を設置し、事業推進体制を整える
10月第1回 新しい松江市役所市民会議(外部委員会)開催
12月第2回新しい松江市役所市民会議
12月基本構想(素案)パブリックコメント(~1月)→28名
松江市庁舎整備基本構想に関する意見募集 
平成30年 2月「松江市庁舎整備基本構想」の策定
本庁舎位置で西棟以外を建替、直営方式で整備
平成30年 2月第3回新しい松江市役所市民会議
4月新しい松江市役所市民会議先進地視察(呉市役所を視察)
5月市民ワークショップ(第1回)
6月市民ワークショップ(第2回)
7月第4回新しい松江市役所市民会議
8月第5回新しい松江市役所市民会議
9月「松江市庁舎整備基本計画」の策定
新庁舎床面積約25,000平方メートル、新庁舎は本館敷地に建設、事業方式は設計・施工分離発注方式(従来方式)
9月松江市新庁舎整備基本設計・実施設計業務委託プロポーザルの実施
12月松江市新庁舎整備基本設計・実施設計業務契約
4月パブリックコメントの実施(~5月)→35名
松江市新庁舎整備基本設計(素案)に対するパブリックコメント
令和元年 11月当初の事業費120億円から150億円に増額されると公表
12月松江市報12月号に新市役所のイメージ図掲載
令和2年 3月新庁舎に関する129億円の支出を含む令和2年度予算案議決
令和2年実施設計に着手
松江市新庁舎整備実施設計(~10月)
令和2年11月入札
令和2年12月着工予定
令和9年3月頃新庁舎建設工事完了(工事期間6年間)